保湿ケアでしわ対策

フェイシャルエステの画像

しわには保湿ケアで改善できるしわがあります。

 

大半のしわの原因である真皮のしわは、真皮にあるコラーゲン線維の変質が原因となります。

 

コラーゲン線維が弾力をなくすことで、今まで回復していた表情ジワが徐々に元に戻らなくなります。

 

これらの状態を放置しておくと、しわがどんどん深く刻まれていくこととなります。

 

それではコラーゲン線維が弾力をなくす理由とは何でしょうか?

 

コラーゲン線維が弾力をなくす理由とは

コラーゲン線維が弾力をなくす理由は、
・紫外線
・加齢
が、あります。

 

紫外線はコラーゲン線維を硬く変質させます。

 

また、コラーゲンを分解し減少させてしまう作用があります。

 

 

さらに40代前後からコラーゲンの量が徐々に減少していきます。

 

皮膚内のバランスやネットワークが壊れて、皮膚のハリや弾力が失われていきます。

 

そこで保湿ケアなどのアンチエイジングをすることでしわを回復させることができるようになります。

 

保湿ケアで治るしわ

真皮のしわができることを予防するには、20代・30代の早い時期からの紫外線対策とアンチエイジングが必要となります。

 

主に保湿ケアをしていくことで、紫外線対策・アンチエイジングを実施することができます。

 

詳細はPOLAエステのサービスをご確認下さい。

 

しわ対策のアンチエイジングコースなどがオススメです。

 

★詳細はコチラから>>POLAエステの店舗一覧